subtitle1

特に食品を“保管”するための容器として缶の魅力を考えた場合、まず挙げられるのが、優れた密封性や防湿性、遮光性によって風味や鮮度をそのまま長く保ち続けられること。そして振動や落下などの耐衝撃性が高く、中身が崩れやすい場合でもしっかり形を守れること。さらに熱や水にも強く、中身が品質変化を起こしにくいことなどです。味わいを長期間にわたって安全に閉じこめておきたい場合には、まさしく打って付けの容れ物といえます。また丸形から楕円形、長方形、台形など、中身や用途に合わせて最適な形状が作れ、素材の性能もじつに豊富。製造上のコスト対策や顧客層へのアピール効果を考慮して、より商品力を高めることができるパッケージでもあるのです。

02

03

製缶業一筋に約半世紀にわたり培ってきた独自ノウハウを活かして開発した弊社独自の丸缶専用巻締機をご提案しています。

[製品特長]

  • 丸缶の巻締機械としては非常に簡単で価格が低廉です。
  • 操作が2点押しボタン式になっていますので、だれでも安全で簡単に作業できます。
  • 簡単な型替え作業で、サイズの違う缶を巻締ることができます。

丸缶専用巻締機 「ハンドシーマー」

丸缶専用巻締機 「半自動シーマー」 

お気軽にお問い合わせください。026-245-9304

メールはこちら